南 京 上 新 河 万 人 坑

 南京上新河万人坑
江蘇省南京市

 南京大虐殺はあまりにも有名な事件なので詳しい説明は省略するが、中国では、日本軍が南京を占領した1937年12月13日から6週間で日本帝国主義下の日本兵が無辜の中国人民30万人を虐殺したとされている。
 この大虐殺で南京城内外にあふれた遺体のうち15万体は、南京碇泊場司令部など日本軍の各部隊が区域毎に分担し、揚子江に流したり焼却したり穴に埋めたりして「処理」したと、遺体「処理」を指揮した南京第二碇泊場司令部の将校・太田寿男少佐(当時)が供述書に記録し証言している。「処理」の際、まだ息のある人も中にはいたが、「手鉤ヲ以テ頭部或ハ心臓部ヲ突刺シ絶命セシメテ運搬シタ」とも記録している。しかし、日本軍が「処理」しきれなかった膨大な数の遺体はいたるところに放置され、南京は無残な姿にさらされた。
 南京城内外のいたるところに放置された虐殺犠牲者の遺体は、その惨状を見るに見兼ねた崇善堂・南京紅卍字会・中国赤十字会南京分会・同善堂など民間慈善団体や福祉団体と市民の奉仕活動により、長い月日を費やして南京の各地で埋葬された。こうして南京市民らの手で埋葬された遺体は22万体を数えるとされている。
 南京市西部の揚子江右岸に位置する上新河は日本軍による大虐殺の現場となり、その後で南京市民らにより大量の遺体が埋葬された地区の一つである。
 南京大虐殺の研究で著名な高興祖南京大学教授の論文や南京大虐殺記念館の解説によると、当時、揚子江を通過し湖南から上新河まで木材を運んでいた湖南省の木材商人である盛世征と昌開運が、同朋の遺体が野ざらしにされているのを見過ごすことができず、自分で費用を出して人夫を雇い、上新河地区に放置されている遺体を埋葬した。盛世征と昌開運が埋葬した遺体の数は2万8730体になる。また、南京陥落後に満鉄調査部が派遣した調査員の南京班報告書には、遺体収容作業がまだまだ続く1938年3月15日の時点で3万1791体の遺体を南京紅卍字会が下関地区と上新河地区に埋葬したと記録されている。
 こうして、南京大虐殺による万人坑(人捨て場)の一つが上新河にも作られた。

 さて、それから七十数年後の現在に話は飛ぶが、上新河万人坑の近くに人民解放軍(中国軍)の施設があるので、上新河地区に立ち入ることは最近までできなかった。しかし、しばらく前に立ち入り規制が解除されたので、2015年12月に南京を訪れた際に上新河を初めて確認することができた。
 大量の犠牲者が埋葬された上新河万人坑は南京市西部の揚子江右岸にある。その川縁に、犠牲者を追悼する上新河受難同胞記念碑が建立されていて、次のような碑文が刻まれている。

上新河受難同胞記念碑・碑文
 1937年12月、日本軍が南京を占領したあと、武装解除された兵士と一般住民など上新河一帯に逃げまどう大勢の我が同胞難民合わせて2万8730人余がこの地(上新河)で日本軍によりことごとく虐殺された。
 日本軍の虐殺方法は極めて残忍で、ある者は縛られて溺死させられ、ある者は薪を積み上げて生きたまま焼かれ、銃で撃たれ刀剣で切り殺されるなど惨劇を免れたところはどこにもない。女性は大人から子どもまで全員がまず強姦され、そのあと殺害された。これ以上惨たらしいことはこの世にないほど残虐きわまりなく、死体は山のように積み重なり、血が河のように流れた。
 その後、湖南の木材商人・盛世征と昌開運の二名が、見るに忍びないこの惨状を目の当たりにし、自ら寄付金を出して大量の遺体を集め埋葬した。
 その後を引き継ぎ南京紅卍字会が、1938年1月から5月まで14回にわたり合計8459体の遺体を上新河一帯で集め埋葬した。
 その内訳は次のようである。
   1月10日 黒橋に埋葬      998体
   2月 8日 太陽宮に埋葬     457体
   2月 9日 二道埂に埋葬     850体
   2月 9日 江東橋に埋葬    1850体
   2月 9日 棉花堤に埋葬    1860体
   2月14日 軍人監獄付近に埋葬  328体
   2月15日 観音庵空地に埋葬    81体
   2月16日 鳳凰街空地に埋葬   244体
   2月18日 北河口空地に埋葬   380体
   2月21日 五福村に埋葬     217体
   3月15日 甘露寺空地に埋葬    83体
   3月23日 甘露寺空地に埋葬   354体
   4月16日 賈家桑園空地に埋葬  700体
   5月20日 黒橋に埋葬       57体
 過去の経験を忘れないで将来の戒めとしよう。その言葉に基づいて、この記念碑が特別に建てられた。死者を慰め、後世の人々の励ましにもなる。我が中華民族を愛し、祖国を強くさせよう。侵略に反対し平和を守ろう。
 
写真:2015年12月14日撮影 

 上新河から見る揚子江(長江)
 上新河は、南京市西部の揚子江右岸に位置する。写真の左側が揚子江右岸で、上新河地区になる。揚子江の対岸のように見えるのは中州で、対岸(左岸)はここからは見えない。

 上新河から見る揚子江の中州と夕陽
 時刻は午後4時半ころ。曇天に夕陽がかすんでいる。南京大虐殺当時、揚子江のこの長大な川面が犠牲者の遺体で覆い尽くされたという。

 上新河にある新しい記念碑
 上新河受難同胞記念碑の近くにある公園の中に設置された新しい記念碑。「全国重点文物保護単位/侵華日軍南京大虐殺犠牲者同胞合葬地(上新河)/中華人民共和国国務院/二〇〇六年五月公布/南京市人民政府立」と刻まれている。

 上新河の受難同胞記念碑
 「侵華日軍南京大虐殺上新河地区/受難同胞記念碑/南京市人民政府/一九八五年八月」と刻まれている。前日(2015年12月13日)の南京大虐殺犠牲者国家追悼日に供えられた花輪が強風にあおられ倒れていた。

 上新河の受難同胞記念碑
 前日(2015年12月13日)に供えられた花輪を立て直したところ。南京大虐殺犠牲者国家追悼日の昨日は南京のいたるところで犠牲者追悼式が行なわれたのだろう。上新河のこの受難同胞記念碑にも大勢の人が集い、花を供え犠牲者を悼んだことが分かる。

 上新河受難同胞記念碑裏面の碑文(部分)
 上新河一帯で2万8730人余が日本軍に虐殺されたと刻まれている。一方、南京大虐殺の研究で著名な高興祖教授は、湖南の木材商人・盛世征と昌開運が事件後に埋葬した犠牲者数が2万8730人であるとしている。

 犠牲者追悼式
 揚子江の河岸に建立された上新河受難同胞記念碑の前で黙祷し犠牲者を追悼する。
 南京大虐殺を否定する無知な人物や恥知らずを首相や閣僚や大学教授にして恥じない日本の今の情況が恥ずかしい。加害国の日本の政府や「指導者」が侵略加害の事実を否定するなどは許されるはずがない。

 上新河から見る揚子江の夕暮れ
 上新河の受難同胞記念碑の前で犠牲者追悼式を勤めたあと、夕暮れがせまる揚子江をながめる。
 78年前、三方から南京に迫る日本軍から逃れるため長江(揚子江)沿岸に南京市民らは殺到した。しかし、長江を渡る船は無く、長大な流れに行く手をさえぎられ大混乱に陥る中で南京市民らは日本軍によりことごとく虐殺された。







「万人坑を知る旅」index

「 満 州 国 」 の 万 人 坑
 内蒙古自治区 ハイラル要塞万人坑
 黒龍江省   鶴崗炭鉱万人坑  鶏西炭鉱万人坑  東寧要塞万人坑
 吉林省    豊満ダム万人坑  遼源炭鉱万人坑  石人血泪山万人坑
 遼寧省    北票炭鉱万人坑  阜新炭鉱万人坑  本渓炭鉱鉄鉱万人坑  弓長嶺鉄鉱万人坑
        大石橋マグネサイト鉱山万人坑  大石橋マグネサイト鉱山万人坑(2)
        金州龍王廟万人坑  新賓北山万人坑  撫順炭鉱万人坑  旅順万忠墓
        阜新炭鉱万人坑(2)  北票炭鉱万人坑(2)  平頂山惨案
 河北省(旧熱河省) 承徳水泉溝万人坑

華 北 の 万 人 坑
 河北省    宣化龍煙鉄鉱万人坑  潘家峪惨案  石家庄強制収容所  井陉炭鉱万人坑
 山西省    大同炭鉱万人坑
 天津市    塘沽強制収容所

華 中 ・ 華 東 の 万 人 坑
 安徽省    淮南炭鉱万人坑
 江蘇省    南京江東門万人坑  南京上新河万人坑  南京普徳寺万人坑
 上海市    銭家草惨案

華 南 の 万 人 坑
 湖南省    廠窖惨案(廠窖大虐殺)
 海南省    八所港万人坑  石碌鉄鉱万人坑  田独鉱山万人坑  陵水后石村万人坑
        南丁(朝鮮村)千人坑  月塘村「三・二一惨案」  北岸郷「五百人碑」


付 録 : 朝 鮮 を 知 る 旅
        朝鮮の人たちの日常 2014年



 注意:無断引用・転載はお断りします。引用・転載などを希望される方は、下のメールフォームをとおして、当ホームページの担当者に相談してください。


お知らせのページ

行事案内やニュースなどを不定期に追加・更新します。
時々覗いてみてください。


御 案 内
「中国人強制連行・強制労働と万人坑」の学習会をしませんか!

 中国に現存する万人坑(人捨て場)と、万人坑から見えてくる中国人強制連行・強制労働について考えてみませんか!
 「中国人強制連行・強制労働と万人坑」について事実を確認してみたい、学習会や集会をやってみたいと思われる方は、当ホームページ担当者に気軽に連絡・相談してください。日程や条件が折り合えばどこへでも出向き、話題と資料を提供し、できる限りの解説をします。仲間内の少人数の勉強会とか雑談会のような場でもよいですし、不特定の一般の方も参加していただく集会のような形式でもよいです。開催形式・要領は依頼者にお任せします。まずは当方に連絡していただき、進め方などを相談しましょう。
 それで、謝礼などは一切不要ですが、資料の印刷と担当者の会場までの交通費実費だけは、依頼される方で負担してくださいね。
 当方への連絡は、メールフォームまたは下記メール宛でお願いします。
   ⇒ メールアドレス:



メールフォーム

 差支えなければアンケートにお答えください。 (チェック・記入後、[終了/送信]ボタンを押してください)
  あなたは  : 20歳未満      20歳以上60歳未満  60歳以上
  このページは: 参考になった    不快に感じた    改善の余地あり

 感想やご意見など、 ひとことお願いします。 お問い合わせもどうぞ。

 返信を希望される方は、 下枠にメールアドレスを御記入ください。
 それ以外の方は、 このまま送信してください。
 メールアドレス:

    無料掲示板または掲示板レンタル


本の紹介
青木茂(著者) 

・ここで紹介している本は、全国のどの書店でも購入できます。書店の店頭に無ければ書店で注文してください。定価で購入できます。
・あるいは、「メールフォーム」でお届け先を連絡いただけば、本体価格(税・送料不要)で郵送にてお届けします。
最新刊:2017年8月15日発売

華北の万人坑と中国人強制連行
― 日本の侵略加害の現場を訪ねる ―

著者:青木茂
発行:花伝社 / 発売:共栄書房
定価:本体一七〇〇円+税

 現在の日本で話題にされる中国人強制連行・強制労働のほとんどは、アジア太平洋戦争の末期に日本国内(内地)に強制連行されてきた約四万人の中国人に関する強制連行・強制労働のことである。しかし、日本国内に比べると被害規模が桁違い(三桁違い!)に大きい中国本土(大陸)における中国人強制連行・強制労働は日本ではほとんど知られておらず、日本で話題にされることもほとんどないのだと思う。
 その中国本土における強制労働被害者の数は、「満州国」として日本が占領支配した東北(地方)で一六四〇万人、「満州国」と「国境」を接する華北(地方)では二〇〇〇万人にもなり、日本国内に強制連行された四万人(三万八九三五人)と比べれば正に桁違いである。
 さて、中国本土における強制連行・強制労働のうち、東北(「満州国」)の実態については、その一端をこれまでに拙著三冊(注)で紹介してきた。その中で示しているように、「満州国」内の鉱山や土建工事現場などにおける強制連行・強制労働の実態は過酷かつ凄惨で、過労と飢えによる衰弱が主要な原因となり、あらゆる現場(事業所)で多数の強制労働被害者が死亡した。その中には、強制労働被害者の八割とか九割もが死亡する現場(事業所)も数多く存在している。そして、強制労働により死亡した膨大な数の犠牲者の遺体をまとめて捨てた「人捨て場」は、東北各地のいたるところに二一世紀の今も数えきれないほど現存している。その中には、捨てられた犠牲者の数が万の単位になる「人捨て場」も数多く残されていて、それらを含めた「人捨て場」を中国人は万人坑(まんにんこう)と呼んでいる。
 そして本書では、「満州国」として日本に占領支配された東北より被害規模が大きい華北における中国人強制連行・強制労働について初めて紹介する。
 その華北は、アジア太平洋戦争を遂行するための「戦力の培養補給の基地」だと日本が位置付けた地域であり、資源や食料や労働力の供給源と位置付けた華北に対する日本の支配は過酷で、鉱山や土建工事現場などで強制労働を強いられた中国人は二〇〇〇万人にもなる。さらに、華北内で強制労働させられた二〇〇〇万人とは別に、東北など中国各地や日本に一〇〇〇万人が労働力として強制連行されている。そのうち七八〇万人は東北(「満州国」)に連行されている。つまり、「満州国」で強制労働を強いられた一六四〇万人のうち約半数は華北から連行されてきた中国人だ。また、日本国内(内地)に強制連行された三万八九三五人のうち三万五七七八人は華北から連行されてきた中国人だ。
 本書で紹介する華北における強制連行と強制労働の実態は、被害全体から見れば巨大な氷山の一角にもならないが、華北における強制連行・強制労働の一端を少しでも理解してもらえれば有難い。
 さて、華北を占領支配し「戦力の培養補給の基地」とするため、八路軍などの抗日組織と住民を分断することが必要であり、そのため、辺鄙な農村を含む各地に日本軍は部隊を分散配置し、住民に対し苛烈な暴力支配を行なった、その中で、女性に対する性暴力犯罪も横行する。そのような、華北における日本軍の占領支配の実態を具体的に知るため、山西省盂県の性暴力被害者を私は二度訪ねた。その訪中記録を補足編として本書に収録するので、日本軍による華北支配の実態を知るための一つの参考にしていただければと思う。
 それでは、万人坑など華北に現存する日本の侵略加害の現場を訪ねる旅にいっしょにでかけましょう。

(注)『二一世紀の中国の旅‐偽満州国に日本侵略の跡を訪ねる』日本僑報社、二〇〇七年
   『万人坑を訪ねる‐満州国の万人坑と中国人強制連行』緑風出版、二〇一三年
   『日本の中国侵略の現場を歩く‐撫順・南京・ソ満国境の旅』花伝社、二〇一五年

(補足)花伝社のウェブサイト(下記)も参照ください。
『華北の万人坑と中国人強制連行』の紹介ページ
  ⇒ http://www.kadensha.net/books/2017/201708kahokunomanninkou.html
 出版全点の案内(『華北の万人坑・・・』は2017年8月15日発売)
  ⇒ http://www.kadensha.net/index.html

『日本の中国侵略の現場を歩く 撫順・南京・ソ満国境の旅』


著者:青木茂
発行:花伝社 / 発売:共栄書房
初版:二〇一五年七月一五日発売
定価:本体一七〇〇円+税

 二〇一五年に日本は「戦後七〇年」を迎える。この「戦後七〇年」が持つ意味はいろいろあるが、日本にとっては、日本が起こした侵略戦争の敗戦から七〇年ということであり、日本の侵略で最も甚大な被害を受けた中国にとっては抗日戦争勝利から七〇年ということだ。そして、戦後七〇年を前に私が知りたいと思ったことは、日本の侵略で筆舌に尽くし難い惨禍を受けた中国が抗日戦争勝利七〇年をどのように迎えようとしているのかということだ。
 そこで私は、日本の侵略で被害を受けた中国のたくさんの町や村を訪ね、惨劇の現場を確認し、被害者や遺族や研究者らから話を聞いた。こうして私が訪ね歩いた現場のうち、撫順と南京とソ満国境(ソ連と「満州国」の国境)の三カ所を取り上げ、「戦後七〇年」を迎えるそれぞれの情況を本書で紹介している。
 それぞれ特徴がある現場のそれぞれの情況の紹介はここでは省略するが、本書で示した事実を基に、「戦後七〇年」を迎えようとしている中国の現状を一言でまとめると、日本の侵略で受けた惨禍に対する被害者の心の傷は癒えておらず、侵略・加害の事実を認めることすら拒み続ける日本に強烈な不信感を持っていると言うことができるだろう。
 このように、日本に対する中国の情況は大変に厳しい。しかし、私たちにとって重要なことは、中国が非難しているのは安倍首相をはじめとする極右・靖国派の「指導者」であり、日本全体を批判しているのではないということだ。日本が起こした侵略戦争の責任は日本軍国主義の「指導者」にあり日本の一般民衆は中国人民と同じように被害者であるという中国指導者の考えは、中国の一般の人々にも広く浸透し徹底している。
 このような情況を理解すれば、今、最悪の状態にある日中関係を改善する希望と期待を私たちは持つことができる。
 こんなことを紹介する本書を、ぜひ手にとって御覧ください。
 詳細は、花伝社のウェブサイト(下記)を参照ください。
  ⇒ http://www.kadensha.net/books/2015/201507chugokushinryaku.html

『万人坑を訪ねる 満州国の万人坑と中国人強制連行』


著者:青木茂
発行:緑風出版
初版:二〇一三年一二月一〇日発売
定価:本体二五〇〇円+税

 二〇〇〇年以降ほぼ毎年私は中国に行き万人坑を訪ねていますが、そのうち最近の四回の訪中・万人坑訪問の記録を収録する本・『万人坑を訪ねる』が二〇一三年一二月一〇日付で緑風出版から刊行されました。この本には、以下に記す万人坑の訪問記録を収録しています。
  遼寧省:阜新炭鉱・北票炭鉱・大石橋マグネサイト鉱山・
      弓長嶺鉄鉱・本渓炭鉱
  吉林省:石人炭鉱・遼源(西安)炭鉱・豊満ダム
  黒龍江省:東寧要塞・鶏西炭鉱・鶴崗炭鉱
  旧熱河省興隆県:蘑茹峪殺人坑・白馬川殺人坑
 併せて、中国東北地方(「満州国」)の万人坑と中国人強制連行の全体像を把握しようと試みる一文も収録しています。
 このホームページに関心を持たれた方は、『万人坑を訪ねる』をぜひ御覧いただき、詳しい事実を確認してみてください。本書に収録した四回の訪中記とまとめの一文を通して、侵略者の日本が中国に残した加害事実としての万人坑と中国人強制連行について、現在を生きる多くの日本の皆さんに理解してもらえれば嬉しいことです。併せて、中国やアジア各国に対する日本の侵略加害の事実を首相の安倍晋三ら歴史改竄主義者が消し去ろうとすることがどれほど罪深いことであるのかを実感していただくことができれば幸いです。

 緑風出版の出版案内は下記を参照ください。
  ⇒ http://www.ryokufu.com/isbn978-4-8461-1323-0n.html


『二一世紀の中国の旅 偽満州国に日本侵略の跡を訪ねる』


著者:青木茂
発行:日本僑報社
初版:二〇〇七年三月二八日発売
定価:本体二五〇〇円+税

 本書では、二〇〇〇年から二〇〇五年までに著者が訪ねた、中国東北地方(「満州国」)に残る、日本による侵略加害の跡を紹介しています。そのうち万人坑については、以下の六カ所の訪問記録を収録しています。
  内蒙古自治区:ハイラル要塞
  遼寧省:大石橋マグネサイト鉱山
  吉林省延吉朝鮮族自治州:老頭溝炭鉱・板石炭鉱
  吉林省:遼源(西安)炭鉱・豊満ダム
 ところで、このうちの四カ所は二〇〇九年以降に再訪しましたが、二〇〇四年以前の状況からはいずれも大きく変化していました。
 ハイラルでは二〇〇八年に、それまではほとんど何も無かった日本軍要塞跡に大規模かつ近代的な記念館(資料館)が建設され、広大な要塞跡が歴史遺跡として整備されました。また、それまでは野ざらしのまま荒れ放題に放置されていた万人坑に巨大な追悼碑(記念碑)が建立され、広大な万人坑は周囲を柵で囲まれ、万人坑を保全するという中国当局の意志が明確に示される状況に変化しています。
 大石橋では二〇〇六年に、万人坑発掘現場を保存していた古い小さな記念館が、大幅に拡張された近代的な記念館に建て替えられ、それまでは無かった資料館も新たに開設されました。
 遼源では二〇〇五年に、遼源鉱工墓(万人坑)が全国規模の愛国教育基地に指定され、巨大で近代的な資料館が新たに開館し、何カ所もの万人坑発掘現場を保存する建物も新たに設営されました。
 豊満では二〇一〇年に、侵略当時の日本人が偽善的に設置した中国人犠牲者「慰霊碑」が松花江河畔の元の場所から万人坑記念館の中庭に移設されるなど、記念館の新たな整備が始まっています。
 老頭溝と板石は再訪していないので最新の状況を承知していませんが、ともかく、再訪した四カ所の万人坑では、いずれも二〇〇五年以降に記念・保存施設の大幅な拡充が実施されています。日本による侵略犯罪を決して忘れないという中国指導者の意志が明確に反映された結果だと思いますが、このような中国の対応に、このところ特別に酷い情況に変化した日本の右傾化・軍事大国化が影響を与えているのは間違いありません。
 二〇〇五年までに私が訪ねた万人坑は、それから一〇年も経たないうちにこのような情況に変化していますが、『偽満州国に日本侵略の跡を訪ねる』では、近代的に改装・整備される前の「素朴」な万人坑を紹介しています。ぜひ、皆さんの手に取っていただき御覧いただければと思います。
 日本僑報社の出版案内は下記を参照ください。
  ⇒ http://duan.jp/item/044.html
 また、下記のウェブサイトも参照してみてください。
  ⇒ http://eritokyo.jp/independent/bookreview-aokishigeru0001.html


『日本軍兵士・近藤一 忘れえぬ戦争を生きる』


著者:青木茂
発行:風媒社
初版:二〇〇六年三月一日発売
定価:本体二一〇〇円+税

 一九二〇年に生まれ、幼いころから軍国日本の侵略思想をたたき込まれた近藤一(はじめ)さんは、日本軍兵士として中国山西省で三年八カ月にわたり中国軍民に対し暴虐の限りを尽くしました。その後、所属部隊と共に転進した沖縄では、日本軍の最前線に配置され、圧倒的な軍事力を持つアメリカ軍に徹底的にたたきのめされました。
 中国に対する侵略戦争と沖縄戦を日本軍兵士として体験した近藤さんは、一九八〇年代から自らの体験をありのままに語り始めました。その近藤さんの話の主な論点は二つです。一つは、決して許されない、また繰り返してはならない日本による中国侵略の惨状です。もう一つは、沖縄戦の悲惨な実情です。
 近藤さんはあちこちに招かれ、九〇歳台半ばまで現役の語り部として自らの体験を語り続けられました。そんな近藤さんの生きざまを記録したのが本書です。近藤さんの体験と、二度と侵略をしてはならないという近藤さんの想いをぜひ御覧になってください。
 風媒社の出版案内は下記を参照ください。
  ⇒ http://www.fubaisha.com/search.cgi?mode=close_up&isbn=0532-2